print screen の便利な使い方

ワードやエクセルなどのタイトルバーの下には、操作に必要ないろいろなメニューが入っている、メニューバーがあります。でもメニューをクリックしないとどんなメニューがあるのか、確認することができませんね。メニューを表示したときの画面をコピーできたら良いのにとか、操作の途中でこの画面をコピーできたら良いのにと、思うことはありませんか?そんな時には、ぜひ「print screen」キーを使ってみましょう!

 

まず、「print screen」キーはどこにあるかというと、

キーボードのファンクションキー(F1~F12)のすぐ右隣を見てください。

または、「delete」キーの上の方にありますよ。

ノートパソコンでは、少し位置が違う場合もあります。こんなキーです。

 見つかりましたね。次に「print screen」キーの働きですが、その名前からもなんとなくおわかりかと思いますが、screen(画面)をprint(印刷)するんですね。印刷というより、カメラでカシャっと撮るというイメージです。では、やってみましょう!

今回はワードのツールバーには、どんなものがあるか、調べてみましょう。

 

1.     ワードを起動しましょう。表示メニューをクリックし、ツールバーをポイントするとサブメニューが表示されます。ツールバーの種類を確認することができますね。
この画面を「
print screen」キーを使って、コピーします。

 

 

2.     ここで「print screen」キーを1回、ポンと押します。
画面上はなんの変化もありません。念のため<m(__)m>

3.     escキーを押して表示しているメニューを、非表示にします。
そして、そのままワードの画面に貼り付けましょう。

4.     標準ツールバーの「貼り付け」をクリックします。すると、先ほどのツールバーの種類がそのまま図として貼り付きました。こんな感じです!


 

5.     あとは図ツールバーのトリミングを使って、必要な部分を切り取ればOKです。


トリミングをクリックして、図の枠線の黒いハンドルにポイントします。
アルファベットのの形になったら、必要な部分だけドラッグしてカットします。
 

print screen」キーの使い方、お分かりいただけましたか?

今回はワードの画面を紹介しましたが、エクセルやその他のソフトにも応用できますので、どんな時に使うかは、みなさんの工夫次第。貼り付けたワードを印刷して、操作の参考にしたり、ここはどうするの?と先生にメールに添付して聞く…など、いろいろと活用してくださいね!

MicrosoftおよびMicrosoft認定ロゴは、Microsoft企業グループの商標であり、Microsoftの許諾の下に使用されています。

copyright © 2001-2017 I's production, Inc. all rights reserved |サイトマップ会社概要