送ったメールを読んだか知りたいっ!!


告別式の通知メールを送ったら当日来られない方がいた。

「シマッタ!」と思っても後の祭り。こうなってしまったのには2つの要因がありますね。
 通知メールを送ったほうのaさん。告別式当日までには多少猶予もあるし、電話などで口頭で伝えるよりもメールの文書に場所・時間を明記して伝えたほうが確実で相手の方に親切と思いました。それに伝えたい方に一斉に送信できて便利です。
 でも、実際には伝わらない方がいました。メールは出したものの、一人ずつ確認はしていないので、万が一、先方が受信の操作をしなければ、メールはプロバイダにあって、まだ読まれてはいないのです。このような緊急時や確認の必要な重要事項にはメールは不向きです。電話のほうが確実ですね。
 また、メールに気づかず来られなかったbさんもメールアドレスを友人・知人に伝えているのなら、せめて1日1回はメールチェック(受信)をしていればこのような事態にならなかったかもしれませんね。定期的なメールチェックは電子メールを利用するときのマナーでもありますよ。
 さて、そこで・・・

メールを送信した相手が開封したかどうかチェックをする


  アウトルックエクスプレスではバージョン5からこの機能が使えるようになりました。
  操作はかんたんです。

 1 まず、普通にメッセージを作成し、宛先を入力しましょう
 2 送信する際にメッセージ作成ウィンドウのメニューバーから「ツール」をクリックし、ドロップダウンメニューの中の「開封確認メッセージの要求」をクリックします。

 3 クリックした後すぐにドロップダウンメニューが閉じてしまいますが、もう一度メニューを開くと「開封確認メッセージの要求」にチェックが入っていることがわかります。(ここでもう一度クリックすると解除されますよ)

 4 あとは普通に送信します。


 5 一方、受け取った側にはこんなメッセージが表示されます。ここで「はい」をクリックしてくれれば開封した旨のメッセージを自動的に返信してくれるしくみです。もちろん「いいえ」をクリックしたら開封確認メッセージは返信されません。


 6 最後に送信者側にはこんな風なメッセージが届きます。一度使ってみてはいかがですか?
 


 この記事は送信したほうも受信したほうも共にアウトルック・エクスプレスを使用した場合の操作手順と画面です。他のソフトを使用した場合には、操作や画面表示の内容が違うのはもちろん、開封確認メッセージそのものを送信することも、返信できないものもありますから、注意してください。

MicrosoftおよびMicrosoft認定ロゴは、Microsoft企業グループの商標であり、Microsoftの許諾の下に使用されています。

copyright © 2001-2017 I's production, Inc. all rights reserved |サイトマップ会社概要